ポリシーは楽しく、ゆかいに、仲良く、笑って!!

ツキネコ北海道では、不幸な猫達の為に何かしたい仲間を募集しています。
特別なことではなく、「馴れない猫とあそべるよ〜」 「短期間の一時預かりならできるかも」
「里親募集の声かけくらいなら・・・」 「お掃除ならまかせて!」などなど
小さな力が集結すればいつか何かできるはず・・・という想いの仲間作りを目指しています。
管理センターや地方保健所での愛護動物達殺処分の問題、虐待、飼い主のモラルの低さ
愛護動物法が改正されても、まだまだ問題は山積みです。
声をあげることもできず亡くなって行く動物達の代弁者として
行政に訴えかけられるような活動をしていければと思います。

ポリシーは楽しく、ゆかいに、仲良く、笑って!!

出入り自由 特別なことはいりませんので
ボランティア参加したいと思った方はどんどんお声掛けください。

猫の給餌と保護施設の清掃ボランティア

ニャイダーハウスでは里親募集中の猫たちが暮らしています。
開店時間内外で交代のお世話をお願いします。
常時10匹以上、多い時は20匹もの数になります。

ケージ内や猫トイレの清掃をお願いします。
じゃれて作業を邪魔する猫たちもいますが許してあげてくださいね。

お店以外にも札幌市中央区の近隣に保護場所を設けています。清掃のほか給餌や投薬などの作業があります。 お店ほど人の出入りがないので、猫じゃらしなどで遊んであげると猫たちも大喜びです。

ご自宅での猫の一時預かり・子猫の授乳ボランティア

「猫が苦手な猫」や感染症の為、隔離が必要な保護猫がいます。
そんな時に助かるのが「一時預かりボランティアさん」です。ご自身に見合ったタイプの猫を短期・長期間で預かっていただきます。
ケージやトイレ、エサなどすべて当方で用意して貸し出しています。
医療機関への受診など、預かりさんの負担・責任は一切ありません。

こちらは他の猫がたくさんいる保護場所に馴染めなかったしーちゃんです。
預かりさんのところで落ち着いて人馴れすることができ、新しい里親さんも見つかりました。
いろいろな事情で猫を新たに迎えることはできないけれど、猫と暮らしたいかかたにぴったりのボランティアです。

保護場所で猫風邪や結膜炎などが流行することや、感染症を持つ猫が治療前に保護される場合があります。 そんなときに感染している猫や抵抗力のない子猫を隔離する必要があり、保護スペースが不足します。
預かりボランティアさんには投薬をお願いすることもあります。
運転ができる方でしたら動物病院通院のお手伝いだけでも助けになります。

母猫と離れてしまった乳児猫には人間の手による日夜の授乳が必要で、ご自宅でミルクと排泄のお世話をするボランティアさんが頼りです。
自力でフードが食べられるまでに成長したらニャイダーハウスにデビューして里親さんを探します。