人に寄り添って

ツキネコカフェを移転して1年が過ぎようとしています。
施設が広くなり今まで以上にたくさんのお客様が来店してくれるように
なりました。
認知度もあがり様々なイベントに参加する機会も増え多忙を極める日々。
スタッフの教育やボランティアさんの統制がうまくいかずに
歯がゆい思いをすることもあり一時は施設の統合まで話し合ったこともありました。

『何かが違う・・・』

忙しさのあまり大切なことを置き忘れていたことに気づきました。
それは当団体の急激な成長に追いついていくことが出来ずに、
自分自身が必死になり楽しめなくなっていたのです。

ふと立ち止まると大切な人たちが側にいてくれます。
優しい眼差しがこちらに向けられています。
私達らしい団体
唯一無二の存在でいいと思うのです。

私達が他の団体と一線を画していると自負していることがあります。
それは『人に寄り添うこと』です。
相談案件についてもただ猫を助ける為だけではなく
人を助けることにより猫が助かり、相談者の生活の安定を図ることに
喜びを感じるのです。

ボランティア同士が繋がってクリエイティブな商品を生み出したり
昨年度は紙芝居なども出来上がりました。
今年は楽しいオリジナルグッズもできそうです。

今年の目標は他団体やグループと繋がって、行政との連携を取ることです。
地方へ!
もうすでに動き出しています。
民間のボランティアだからこその柔軟性を武器に私たちは
進んでいきます。
  2016/01/29   代表:吉井美穂子

この記事へのコメント

≫ 中山 公子
人に寄り添って・・・・疑問です。
ご相談するたびに、一言目には「保護者の責任」と返ってきます。
責任放棄をするお話は一言もしておりません。二言目には、「私(団体)でもしているのだから、」
私が保護した猫は、放置していたら死ぬかもしれません。ままたは、捕獲され、保護団体の引き取りの予備軍の一人になったかもしれません。去勢手術は私が病院に連れていきましたが、費用はそちらに支払いました。これは、そちらの団体の活動費として、終始報告に記載されるのですか? 私がお支払したものは寄付金になるのですか?
すべて保護者の責任と言いながら、金銭についてはそちらの活動になるのですか?
あなたの活動にこんなにも疑問を持たなければ、今後、猫の保護に少しでも携わっていきたいという気持ちに揺るぎが出てくることはありませんでした。
人に寄り添って・・・・笑わせないでください!
≫ 匿名です
中山さんへ。
なぜお金を支払ったのですか。
それに、こんな端的な書き方では、貴方の怒りの詳細がわからず、読まされる方がイライラしますよ。
『笑わせないで』と言いながら、笑ってませんね。
猫の保護活動に気持ちが揺らいだのを、こちらの団体のせいにする理由をきちんと書かなくては。
文句があるなら、直接代表者のかたに連絡した方が良いですよ。
誤字も多いし、つまらないコメントは書かない方が、お互いのために良いですね。
≫ 中山 公子
匿名さま
ご意見をありがとうございます。
冷静になった今、誤字が多いことに赤面です。
代表の方には、もう連絡をすることはありません。代表の方や団体に対して悪意はありません。野良猫に対する自分の思いと違う方向性を持った相手だけだったと思っております。
端的な書き方についてもお詫びいたします。代表だけに伝われば良いと考えたものですから。でも、この書き方では伝わりませんね。
いずれにしても、怒りのままに投稿すべきではなかったし、手段が正しくなかったと反省しております。
一つだけ‥。なぜお金を払ったのか?団体に紹介していただいた病院でしたので、そういう約束事になっているのだろうと思っただけです。
つまらないコメントを申し訳ありませんでした。
≫ のらねこ
自分も人に寄り添ってらっしゃるとは思えませんでした。
こちらの団体に迷い猫の対応を相談させていただいたところ、どうしたいんですか?と強い口調での返答。最後には放っておけばいい、保健所に相談して、と言われました。人にも猫にも冷たいと感じずにはいられません。
猫の保護に関しては様々な考えや方法があり、有償が当たり前なのも理解できます。受け入れ数等、保護できない、しないのは分かりますが、それ以前に相談にのります、人に寄り添います、という文面を信じて連絡したのに、残念な対応。他のNPOの保護団体に頼ったところ、色々な方法や手順を丁寧に教えていただきました。ちなみに、その団体も猫を積極的に保護してくれるわけではありません。しかし、対応が雲泥の差でした。
気持ちに余裕がないのなら、相談窓口があるのをウリにするのは止めてはいかがですか。

コメントを送る

 
※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください